個人情報取扱方針

 神奈川県立保健福祉大学実践教育センターでは、神奈川県個人情報保護条例に基づき、個人情報の収集、利用及び提供の制限並びに、管理及び廃棄について、次のように取り扱います。

個人情報とは

 「個人情報」とは、個人に関する情報であって、住所、生年月日その他、特定の個人を識別することができるものをいいます。個人の身体、財産、社会的地位、身分等の属性に関する情報であっても、氏名等と一体となって特定の個人を識別できるものは、「個人情報」にあたります。
 また、他の情報と照合することで識別することができる情報も「個人情報」にあたります。

収集の制限

個人情報を収集するにあたっては、目的を明確にしたうえで、必要な範囲内で行うこととします。

利用及び提供の制限

 個人情報は、取扱い目的の範囲内で利用又は提供します。法令等の規定に基づく場合や本人の同意がある場合などを除き、取扱い目的以外に利用したり第三者に提供することはありません。

個人情報の管理及び廃棄

 収集した個人情報については、厳重に管理し、漏えい、改ざん等の防止に努めます。管理する個人情報については、学外へ持ち出しは行いません。保存の必要のなくなった個人情報については、確実に、かつ、速やかに消去します。

取扱方針の改善

 この個人情報の取扱方針に関して、適宜内容を見直し改善していきます。

入学選抜業務等に係る個人情報の取扱いについて

 実践教育センターでは、入学選抜・受講選考業務に際して志願者・受講希望者から収集した個人情報について、次のように取り扱います。

区分収集した個人情報の取扱い
選抜選考に合格し、入学受講手続きを行った場合 入学受講手続後、学籍簿や成績簿等の入学後の学生指導のため、また受講者名簿作成のため引き続き利用します
選抜選考に合格したが入学受講手続きを行わなかった場合 又は、選抜選考に不合格となった場合 選抜選考を実施した翌年度の 3月 31日までにすべて廃棄します。
このページの先頭へ