教育課程

認定看護管理者

2014年5月30日

 病院、福祉施設等の看護管理者に必要な能力を拡大し、トータルヘルスケアサービスの向上に貢献できる人材を育成します。
 平成24年度までの、管理者養成課程 管理1、管理2、管理3 から課程名が変更となりました。

ファーストレベル

 保健・医療・福祉施設等の看護管理に必要な基本的知識・技術を習得し、管理的態度を養うと共に、ヘルスケアサービスを提供するための組織化、ならびにその運営の一端を担う人材を育成します。

教育課程

学生募集の概要

公開授業

セカンドレベル

 保健・医療・福祉業務に従事する看護の第一線監督者、又は中間管理職として基本的責務を遂行するために必要な知識・技術の習得と、施設の理念を具現化するための組織化、並びにその運営の責任が果たせる高いマネジメント能力を有する人材を育成します。

教育課程

学生募集の概要

公開授業

サードレベル

 社会が求めるヘルスケアサービスを提供するために、看護の理念の具現化に必要な組織化や運営に関する能力を拡大すると共に、経営管理に関する知識・技術を習得し、高い管理実践力を発揮できる人材を育成します。

教育課程

学生募集の概要

公開授業

 

お問い合わせ

実践教育センター
実践教育部 総合調整・管理者養成担当
電話:045-366-5871
このページの先頭へ