教育課程

卒業生からのメッセージ 教員・教育担当者養成課程

2018年3月26日

教員・教育担当者養成課程 看護コース (平成28年度卒業生)

01_H28sato-m.jpg
横浜未来看護専門学校
専任教員

佐藤 美恵子

人生で忘れられない実践の友との出会い

 臨地実習指導者の経験から、看護教員を志望し、子供の大学進学と同時に入学しました。教えるものではなく、教わるものとしての体験は、とても貴重でした。様々な看護観を持つパワフルな先生達の授業、そして、何よりも同級生=実践の友との出会いが私を変えてくれました。共に行う数々の演習では自分達の看護を認め合い、看護教育の楽しさについて語り合う機会となりました。多重課題で忙しい日々でしたが、初めての授業、臨地実習での学生の笑顔、同級生、課程担当教員、家族の励ましが心の支えとなり乗り越えることができました。

教員・教育担当者養成課程 看護コース (平成28年度卒業生)

02_H28takamatsu.jpg
横浜労災看護専門学校
専任教員

髙松 正寛

成長し続ける看護教育観

 私は臨床で看護師長補佐として実習指導者を担ってきましたが、看護学生の指導に魅力を感じ、看護学校に転勤を希望し、実践教育センターに入学しました。
 教員志望の仲間や臨床教育担当者の仲間と共に、講義・演習・臨地実習を乗り越え、看護教育の基礎を学び、自己の看護教育観を磨くことができました。現在は基礎教育の現場で学生と関わっていますが、涙あり、笑いあり、時には叱咤激励しながら、自分自身も学生と共に成長していると実感しています。看護学生たちの看護観に良い影響を与え、臨床に羽ばたけるよう支援できる教員になりたいです。

教員・教育担当者養成課程 看護コース (平成27年度卒業生)

H27佐藤
相模原看護専門学校
専任教員

佐藤 里佳

看護教育についての学びと多くの仲間を得て

 私は、入学の前年、はじめて実習指導を担当して看護教育を学びたいと思い、また、上司の後押しもあり実践教育センターに入学しました。
 本センターにおいて、私は様々な分野の先生方による興味深い授業に参加し、これまでの経験を振り返り、仲間と話し合いながら、自分が大事にしている看護は何か、を再確認できました。また、「教育とは生きることを支援するということ」に看護との類似性を感じ、看護や教育に対し更に興味がわきました。
 こうした様々な経験や学び、多くの仲間を得て、私は、今、教壇に立っており、今後も、自己研鑽しながら学生と共に成長していきたいと思います。

教員・教育担当者養成課程 介護コース (平成28年度卒業生)

H28足立原
医療法人社団三喜会
鶴巻温泉病院

介護福祉士

足立原 崇



 私は、これまで培ってきた自分の指導観を深め学生・職員への教育、指導に活かしていく事、そして介護福祉士の専門性を追求するため、実践教育センターへ入学しました。 入学当初は緊張してしまいましたが、優しく明るい先生方や共に学んだクラスメイトに助けられ充実した1年を過ごすことが出来ました。
 実践教育センターでは教育・指導・ヒューマンサービス・保健医療福祉、そして介護研究など様々な授業を受けることが出来ます。クラスメイトとのグループワークや模擬授業の経験を通して成長していく自分を実感することが出来ました。そして、介護研究発表では大きな達成感と学びを得ることが出来ました。この1年の学びを活かし、学生・職員教育・指導に励みたいと思います。

教員・教育担当者養成課程 介護コース (平成28年度卒業生)

04_H28abe.jpg
東京海上日動ベターライフサービス(株)
ヒルデモア三渓園

介護福祉士 ケアスタッフ

安倍 有輝

掛け替えのない学びと出会い

 実践教育センターでの1年は『学びと出会い』の1年でした。授業を担当して下さる先生方は魅力溢れる方ばかりで、多くの学びを得られ自分自身の成長を実感出来ました。また必修科目だけでなく研究指導など選択科目が充実していたことも学びの大きな助けになりました。 そして共に学び、高め合った仲間がいたからこそ今の私があると思っています。この出会いは一生の宝です。
 実践教育センターだからこそ学べたこと、得られた出会いがあると思っています。この学びと出会いを大切にこれから介護の教育に携わっていきたいと思います。

教員・教育担当者養成課程 介護コース (平成28年度卒業生)

05_H28sato-o.jpg
東京未来大学
福祉保育専門学校

佐藤 修

実践教育センターで過ごした1年は、私にとっての大きなターニングポイントになりました。

 箱根での「人間関係論」を皮切りに、名だたる先生方から介護教育の基礎を学び、多くの刺激を受けることができました。さらなる高みを目指す専門職と共に過ごした濃密な時間は、友人や職場とは異なるコミュニティを作り上げ、これからも大切にしていきたいかけがえのないものを得ることができました。
 春からは大学院へ進学するとともに、大学卒業時に目標としていた介護教員になることができました。ここで学んだ「ねがい」や「想い」のある教育を根幹に据えて、介護福祉士の養成教育と自己研鑽に取り組んでいきたいと思います。
このページの先頭へ