Q&A

教員・教育担当者養成課程 看護コース(Q&A)

2016年2月29日

Q1 卒業時にどのような資格を得ることができますか?

A1 卒業時には「厚生労働省認定 専任教員養成講習会修了証」が授与され、看護師等養成所の専任教員となることができます。 

Q2 看護教員になりたいと思っていますが就職先はありますか?  

A2 県内外を問わず、看護師養成所に就職が可能です。就職の斡旋は行っていませんが、養成所からの求人の案内はあります。看護教員は需要が高いので、教員希望の学生は全員が看護師養成所等に就職しています。  

Q3 卒業後、病院の現任教育を担当する予定ですが、どのように学習内容が活用できますか?  

A3 「保健師助産師看護師法及び看護師等の人材確保の促進に関する法律の一部を改正する法律」により2010年4月より卒後臨床研修の“努力義務化”が明文化され、施設としても看護師の研修を行うことが必要となっています。そのため、今後さらに、現任教育担当者の活躍が求められます。
当コースでは、看護基礎教育と現任教育について、教育と管理の視点を持ち、学んでいきますので、看護基礎教育の知識を反映していきながら、臨床現場の教育の充実に向けた活用ができると考えます。

Q4 推薦入学制度が創設されたそうですが、どのような人が対象になりますか?  

A4 平成25年度から推薦入学制度を設けました。卒業後に県内の看護師養成所の専任教員として就業予定で、看護師養成所や病院等の長からの推薦がある場合は、推薦入試の対象となります。 

Q5 過去の入学試験問題は公表していますか。また、試験に向けてどのような準備が必要ですか?

A5 過去の入学試験問題は、公表していません。入学試験は、筆記試験(小論文)と面接試験により行います。日頃から看護の基本的知識・根拠や保健・医療・福祉の動向を把握・理解するとともに、何よりも看護の実践を積み重ねることが大切です。

Q6 大学で履修している科目の単位認定はできるのでしょうか?

A6 一部科目で既修得単位の認定をしていますが、詳細は担当者にお尋ねください。また、入学手続き終了後、ご案内します。

Q7 看護教育実習では、どのようなことをするのでしょうか?

A7 実践教育センターが実習施設に指定している神奈川県内の看護師養成所(短期大学、専門学校3年課程及び2年課程)で、看護学生に講義や臨地実習指導を行います。6月に実習校を訪問し、その後、実習校の担当の教員から指導を受けながら、11月の教育実習に向け授業の準備を進めていきます。 

Q8 介護専門科目が3科目ありますが、この科目を履修すると、何か資格につながりますか?  

A8 専任教員養成講習会を修了することで、介護教員講習会の修了に必要な科目が一部免除されます。その上で介護専門科目を履修すると、さらに免除となります。卒業後、当センターもしくは他の介護教員講習会実施施設で残りの科目を履修し、介護福祉士養成施設の教員となる資格を得ることができます。

Q9 センターの図書室はどのような本がありますか?

A9 図書34,000冊、雑誌230タイトルを整備し、学習をサポートしています。図書室は、日曜日及び休日を除き、開室されています。大学の図書館も利用できます。    

Q10 夏休みや冬休みはどのくらいあるのでしょうか?

A10 夏休みは約1週間、冬休みは約2週間あります。

Q11 入学金、授業料以外に費用はどのくらいかかりますか?  

A11 参考図書の購入や資料の印刷に費用がかかります。教育実習や研究にかかる費用や交通費も自己負担です。また、4月と2月に宿泊で人間関係論の授業を行いますが、この宿泊代も自己負担です。
なお、このコースを修了すると、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)は、厚生労働省の教育訓練給付制度を利用することができ、卒業後に申請をすることにより入学料及び授業料の一部について給付金の支給を受けることができます。

Q12 在学中の勤務やアルバイトは可能でしょうか?

A12 年間を通して月曜日から金曜日(一部土曜日・日曜日)9時10分から16時30分まで講義や演習が入っています。また放課後にグループワーク、研究や教育実習等の学習があるため、アルバイトは非常に困難です。学習に専念できる準備を整えて入学に臨んでください。

Q13 学生寮はありますか?

A13 学生寮はありません。なお、住居の斡旋もしていませんので、各自ご準備ください。

Q14 交通費の学生割引は適用されますか?

A14 学生割引の対象ではありません。 

このページの先頭へ