実践教育センター案内

事業概要

2014年2月5日

 実践教育センターでは、総合的なヒューマンサービスを担う保健・医療・福祉人材の育成をめざし、次の事業を行っています。

教育課程

 保健・医療・福祉の分野ですでに活躍している様々な職種の方々の一層のレベルアップを図るために、5ヶ月から12ヶ月の期間、継続して学べる教育課程を3分野7課程開設しています。

 

科目等履修生制度

 教育課程の科目のうち特定の科目だけの履修も可能とする制度です。(受講要件は、科目が属する教育課程と同じです)科目等履修生として受講した科目について、将来、実践教育センターの学生となった際、履修を免除する「既修得単位認定制度」を導入している課程もあります。

 

公開授業

 一部の教育課程の授業を学生に支障のない範囲で公開します。(受講要件は、授業が属する教育課程と同じです)

 

教育研修

 保健・医療・福祉の分野で働く方の資質向上のために、短期間(1日から38日程度)で学べる研修を実施しています。センターが企画・実施する「自主研修」のほか、他機関との共同で企画・実施する「共同企画研修」があります。

 

実践研究

 病院、施設、地域等の保健・医療・福祉の現場で抱えている様々な課題に対して実践研究に取り組んでいます。また、保健・医療・福祉の現場で活躍されている方々の研究活動へのサポートや研究基礎講座を実施しています。

 

このページの先頭へ